Archive for book

エゴサーチ

フリージャーナリストの佐々木 俊尚氏の最新作 「ネットがあれば履歴書はいらない」 (宝島社新書)が面白い。サラリーマンからフリージャーナリストに転進を果たした佐々木氏の懐刀こそインターネットだったと言うものだ。その中に登場するキーワードが「エゴサーチ」というものだ。エゴと言うくらいで自分自身をアピールする訳だがそのためにサーチ=検索を活用すべしというのだ。まず自分の名前を検索してみる、その結果に幾つも出てくるかどうか、この時点で1件すら出ない場合はお話にならないが、もし出たとしてもそれも自分をマイナス印象を与えてしまう結果が出ていないか、さらには同姓同名の人物のほうが多数出てしまうとかその同姓同名の人物が犯罪者だったりしていないかなどなどを確認することがエゴサーチなのだそうだ。会社の人事部の人が人物検索を始めているというのだ。その時の結果の印象が採用に大きく影響を及ぼし始めているということだ。お〜恐ろしい!そんなヴァーチャルな時代になって来てるということなのだ。

コメントする

節約の王道

今日は低気圧の影響で急激に寒くなったがそれと共に自分の財布の中も寒くなってきている。そこでリンボウ先生で有名な林望氏の著書「節約の王道(日経プレミアシリーズ)」を購入してしまった。ある意味無駄遣いしてしまっているのだが…。それも「ATMで下ろすなら34000円にしろ」というのが全く持って自分とおなじだったから。この4千円というのがミソなのだ。千円札がなくならないようにしようとすると節約できるという訳だ。間違っても1万円札は崩してはいけない。これはまた見知らぬ人に引き出されることを防ぐためでもある。そんな半端な引き出し方は泥棒はしないからだ。常に自分の財布の中は千円札を少なくしておくことが節約の知恵なのだ。だが今日もそんな動機で無駄遣いをしてしまった。ダメな奴なのだ。

コメントする