Archive for city

ハイチ大地震

カリブ海沿岸のハイチで12日発生したマグニチュード(M)7.0の地震で死者は4万5000〜5万人、また負傷者および家を失った人の数は300万人に上るということだ。また首都ポルトープランス市内ではがれきの下や車両の中だけでなく道端にも遺体が放置され、被災したスーパーマーケットから電気製品や米が持ち去られるなど一部略奪行為も始まっているようだ。世界各国は支援部隊を派遣して町の復興を支援しているようだが追いついていないのが実情らしい。時を同じくして15年前の今日は奇しくも阪神淡路大震災が起きた日。当時僕は放送局に勤務。前日が深夜の生放送だったために朝方まで会社におりさあ帰るかと言う時になにやら通信社からの速報が入電。どうやら関西方面で地震があったらしいということで東京ローカル放送に関西の速報を入れるかどうか…など思案していたことを思い出す。その深夜放送が大阪局を借りての生放送だったのでその後大変な事になったのだが…。今となっては何時どこで大地震が起きてもおかしくないのだ。ハイチ大地震は我々の身近なことなのだ。

コメントする

Googleと中国

14日、Googleが「中国でもう検閲はしない」と決定を発表して数時間後にその宣言通り検閲を解除した。これによって1989年の天安門事件で戦車の前に立ちはだかる男性を写した有名な写真「Tank Man」などがGoogle.cnで閲覧できるようになった。これらの写真などの閲覧は中国当局で禁止しておりBaiduなどほかの検索サービスでは閲覧できないのだ。この行為を受けて一部の国民やプレスは絶賛しているようだ。しかしその結果アクセスが集中して結局は問題画像などは見られない状態が続いているとも報道されている。Googleはこの検閲問題に決着が付かない場合は中国から撤退する可能性もあるとのことだがこんなに大問題になる「ネット検索」。印刷革命などに次ぐ検索革命だと実感して止まない。

コメントする

初雪

1月12日のお昼(12:25頃)に東京(大手町)でみぞれが降り始め初雪を観測したと気象庁から発表があった。みぞれも気象庁では雪なんですね。しかし今週は寒かったね。家のドアを開けると外が冷蔵庫かよ?って感じた。にもかかわらず初雪の平年値(1971~2000年)は1月2日だそうでそれに比べると10日遅いんだってさ。本当かねって思うけど、そう思い返してみると子供の頃って口から湯気出してたけど最近滅多になんないよね。それは空気が汚れてるかららしい。昔ってもっと空気が澄んでいたんだね…。それとやっぱり昔の方がもっと寒かった。いま寒いと言っても汚れてる分だけ暖かいらしいよ。

コメントする

美人時計

iPhoneアプリなどで話題の『美人時計』が遂にメディアジャック。ちょうど1年前にPCのコンテンツから開始した『美人時計』。携帯版やiGoogleガジェットやiPhoneアプリのリリースを経て遂には1月4日深夜4時からABC朝日放送で番組化、そして今日から新宿アルタビジョンをジャックしたのだ。一般からオーディションした女の子やミスキャンパスなど美女が一言コメントをしながら只今の時刻をお知らせする「美人時計」だが仕掛けているのが(株)美人時計 http://www.bijint.com/ (本社:東京都渋谷区広尾/代表取締役:早 剛史)というのもユニーク。各美女たちのNGシーンなども織り交ぜながら放映されたということで新宿東口はパニック状態になったとか…。果してそのブームはどこまでエスカレートするのやら…。

コメントする

GoogleMAPでウォーキング

東洋大学が箱根駅伝で2年連続総合優勝を果たす中、僕のウォーキングにも正月から熱が入っている。昨日遅くなってしまい真っ暗の中でお参りさせてもらった練馬の首つぎ地蔵に再度お参りしてから新宿の皆中(かいちゅう)八幡神社を経て新宿駅までの7.7キロを約2時間で完歩を果たした。この際に利用したのがiPhoneのGoogleMAP。首つぎ地蔵に着いた時に現在地をGoogleMAPにセットし検索で事前にブックマークしておいた皆中八幡を呼び出して経路検索を押すとあら不思議!行き先ルートマップの出来上がりなのだ。あとはマップを見ながらiPhoneのGPSを頼りにルートに沿って歩いてゆくだけでどこも迷わずゴールインできるのだ。この経路検索の優れているところは環八などの大きな道路を横切る時もこのルート上を忠実に歩めば立体横断歩道などでロスなしに横断出来るところにある。その上選ばれたルートの道が大通りではなく町の小さい路地を巧みに使って引かれているため眺めも決して退屈させない。まるで売られているウォーキング本にでも取り上げられていそうな胸ワクワクするルートなのだ。今回は中村橋から東南に向けて沼袋の商店街を抜けて新井薬師や東中野を通って大久保から新宿に向かう素晴らしいウォーキングルートに仕上がった。途中には目的以外の寺や神社も多数あって参拝したり露天で焼きそばを食べたり知る人ぞ知るパン屋さんで買い物したりまでできた。これは行けるぞ!iPhoneのGoogleMAPで健康ウォーキング!

コメントする

首つぎ地蔵尊

実家に新年の挨拶がてらに付近を散歩。新年になっても年越し派遣村で宿泊するリストラされた方々の足は絶えないことを杞憂して練馬の中村橋から徒歩10分くらいのところにある「首つぎ地蔵」にお参りしに行った。PHP文庫の「ツキを呼ぶ神社仏閣徹底ガイド」によれば昭和初期の頃に付近の住民が首だけのお地蔵さんと首がなくなっていた地蔵さんを付けてみたらぴたりとはまったことから仕事や転職でクビをつなげるお地蔵さんとして親しまれるようになったということだ。なんと中村八幡神社の境内にある小さな1軒家(廃屋)にそのお地蔵さんは祀られている。お参りする時は一軒家の硝子戸を自分で開けて靴をぬいで座敷に上がり自分でロウソクに火をつけて線香を灯すのだ。私が行った時は既に日も暮れて真っ暗。いやはや背筋をゾクゾクさせながら硝子戸を開けて手探りでロウソクに火を灯してお参りさせていただいた。これはキクぜ!

コメントする

福袋

新春2日目、初買い物ということで渋谷から原宿にかけてバーゲン会場に散歩。どこもかしこも人の列。不況だデフレだと言ってるのが嘘のように買い物客が押し寄せている。新春の日本人はとにかく福袋が大好きだ。うちでは殆ど買ったことはないのだが世間一般には福袋を買ってこの年の運試しにもしているようだ。だから不況だからこそ福袋が売れるのだ。絶対いらないものも入ってるというのに福袋で自分の運がどのくらい福に向いているかが重要なのだ。今年も恒例のラフォーレ原宿での中身が見える福袋はテレビでも報道され朝から数千人が表参道に並んで列の記録を更新したようだ。ラフォーレの福袋を幾つも持ってる客が原宿界隈ではうろうろしてる。政府の不況対策はこの福袋企画のほうが子育て手当よりもよっぽど利くのではないか…。

コメントする

Older Posts »