Archive for gourmet

農家の台所

「農家の台所くにたちファーム」恵比寿店にランチしに伺った。最近流行のオーガニックレストランだ。メニューには国立ファームから直送された有機野菜で作られた料理が並んでいる。この国立ファームはあの「マネーの虎」で有名になった元AV監督の高橋がなり氏が運営する有機野菜農園である。がなり氏はAV監督でしてきた様々な悪行に懺悔する意味で農業を始めたと聞く。そんな特別な場所で育んだ野菜をふんだんに使った料理の数々。レストランの中も普通じゃない。注文をしたらまずは今日採れたばかりの有機野菜がいっぱいのサラダバーで気に入ったものとりまくる。このサラダバー、何度でもおかわりができる。サラダバーだけでおなかいっぱいになっちゃうほどだ。たっぷり野菜をとったあとに注文したランチのメインが届く。この日は白身魚のムニエルと五穀米、そして海鮮でダシとった味噌汁。2月にはちょっと寒い献立かもしれないが噂どおりに満足できるオーガニックなランチを堪能した。
農家の台所

コメントする

すき焼きしゃぶしゃぶ

盲目のピアニストが世界的な賞を取りWBCで2度目の優勝を遂げ政権交代があってハニカミ王子は賞金王になりユニクロがヒートテックで相変わらず最高益を更新したおかげで51年ぶりのデフレとなり昼の弁当も290円が登場して年越し派遣村は今年も賑わいを見せている中EXILEが2度目のレコード大賞を受賞した2009年もそろそろ終わろうとしている。今年は様々なことでけじめをつけて行かねばならないと…。全くけじめもつけられないまま終わろうとしている。恵比寿のスーパーでは高額なおせちや食材が売られカゴに溢れんばかりの食材を詰め込んだ客が右往左往している。あぁ良い肉が食いたい。ビニールに挟まれたあの高級牛肉が食いたい…。僕が賞金王や世界的な賞を取ってけじめを付けてたらあの牛肉も食えただろう…。やはりけじめが重要なのだ。どんな時代になっても高級牛肉なのだ。

コメントする

加古川のカツメシ

先週のケンミンショーで紹介されていた「加古川のカツメシ」見た目はカツカレーなんだけどカレーの代わりにデミグラスソースがかかってる。そしてカツは関西なのでビーフ。メチャ美味しそうなんだけど東京では全く見かけない。兵庫県加古川市界隈でしか食べられないらしい。逆に加古川では定番料理なのでスナックはもとより寿司屋や焼肉屋やそば屋にもあるそうだ。ネットで調べたら加古川カツメシMAPまであるらしい。

コメントする

BUTTER FIELD

オヤジバンドの練習で自由ヶ丘までウォーキング。リトルフィートなどのバックを務めた「section」という幻のバンドの「street pizza」という楽曲を演奏。ところがドラム担当が寝坊して来なかったためギターとベースとキーボード(わたし)だけで原曲をiPodで鳴らしながらの演奏。でも自分の下手さ加減が聞こえないので意外にやった感じがする。遊びに来たボーカルとドリカムのLOVELOVELOVEもやっちゃった。これはドラム無しなので間の抜けた仕上がり。でもやっぱ合奏(古いフレーズ)はイイ!練習スタジオのそばに懐かしのコーヒーショップ「BUTTER FIELD」ここのクリームソーダとホットドッグがおいしかったんだっけ…。

コメントする

Bowls

子供の頃にアイスを買って食べ終わったあとに残った棒に「アタリ」の文字が刻印されていたらもう一本アイスがもらえるなんてことがとても嬉しかったが大人になってそんな機会も少なくなってきたが、食べ終わったときにどんぶりの底に「アタリ」の文字が出たら50円引きになるろいうレストランが鎌倉にある。今日久々に行ってひき肉目玉焼き丼を食べたのだがそのことをすっかり忘れていたし店員も事前の説明を忘れていたのだが、食べ終わって店員が片付けていたときに「あ、当たってますね、これ」とか言われてようやく気がついた。嬉しいものだ。そう言えば最近会社の缶ジュース自販機でももう1本もらったり当たり続きなのだがこれは何かを予期するものなのか…。

コメントする

レストラン七條

上野のレストラン七條で日本の洋食を堪能した。お目当てはハヤシライスだったが他のメニューも試したかったのでハヤシライスはハーフサイズを注文。その代わりミックスフライやメンチカツやエビフライは単品注文した。妻と行ったのでポークカレーのハーフサイズも注文。土曜にも拘らず長蛇の列、もうお昼も終わって一旦クローズの14時直前であったが笑顔で並ばせてくれて無事食事ができた。やはり老舗はお客さんに優しい。

コメントする

リコッタパンケーキ

雑誌などで話題の人気店が湘南の七里ヶ浜にあるということで行って来た。「Bill’s」という店でオーストラリアの朝食に革命を起こしたと言われるビルグレンジャーという人がプロデュースした日本の第一号店である。ウォーキングで行ったので着いたときはすでに3時のおやつ時。雨にも拘らず長蛇の列。なんと17時からのディナータイムまで満席だというのだ。その上17時からはディナーを食べるか軽食だけなのか食べる場所が違うから事前に選ばねばならないという。そん時になってみなきゃ分かんねえよ!どこまでも偉そうな店なのだ。この店の周辺のブティックやカフェにはBill’sを待つ客がウロウロ…。我々は人気のパンケーキを食べに来たので軽食で予約、2時間待ってようやくその時が来た、はてそのパンケーキのお味は?リコッタチーズを中に仕込んだパンケーキはまるでフレンチトーストのようなふわっとした歯ざわりとミルキーでかつタマゴほど口説くないソフトな味わいで朝食革命を起こしたと言われるのも唸付ける素晴らしいものだった。それだけに店内での応対も含めた店の対応の稚拙さはもったいないの一言!

コメントする

Older Posts »