Archive for intellect

キムヨナ

25日(日本26日朝)のバンクーバー冬期五輪最大の注目種目フィギュアスケート女子は韓国のキムヨナが一昨日のショートプログラム同様完璧な滑りを決めて金メダルを獲得、浅田真央は銀メダル、安藤美姫は5位入賞、鈴木明子も8位入賞となった。男子も含めてフィギュア全員入賞は日本史上初だそうだ。でも悔しい…というより妬みに近い。キムヨナがあまりの大人の風格で自信満々の滑りの上に色気もボンドガール並、浅田真央と同じ19歳の演技とは思えないほどの完璧なものだった。完璧というよりキムヨナはもうシルクドソレイユの出演者としてお金が取れるレベルだと思った。アスリートにそんな素養も求められる時代なのだ。4年後のソチで大人になった真央が見てみたいものだ。

コメントする

男子スピードスケート

15日(日本時間16日)行われたバンクーバー五輪スピードスケート男子500メートルで長島圭一郎(27)が銀メダル、加藤条治(25)が銅メダルを獲得し日本選手団に今大会初のメダルをもたらした。長島選手はスタッフが近寄って祝福を贈るとそれに応えようとガッツポーズを見せるために力を入れすぎたため、氷上で滑ってしりもちをついてしまい大笑いのガッツポーズとなってしまったが、それがさらに視聴者の歓喜を誘ったのは言うまでもない。これを受けて長野、ソルトレイクでのメダリスト清水宏保は引退を表明。この新旧交代のドラマを見て感じるのは着実に先輩の実力が後輩に引き継がれていること・・・。長島選手は次回ソチでは必ず金メダルを獲って欲しいものだ。
長島圭一郎

コメントする

石巻殺傷事件

宮城県石巻市でまた悲惨な事件が起きた。交際のもつれから南部かつみさん宅で交際相手の解体工の18歳の少年が居合わせた友人の女性も含めて次々と男女3人を殺傷させた。被害者の次女と美沙さんは昨年2月以降解体工少年の暴力について石巻署に計12回の相談や報告を重ね、事件のあった10日にも同署に被害届を出す予定だった。当日も署員が駆けつけたが間に合わなかった。10数回も相談に行っていても日本の警察でも助けられないという事実・・・。空しいの一言。比較すべきではないが、それに引き換え、足利事件の菅家利和さんは20数年も警察に犯人にされたまま自由を奪われていた。何の罪もない人が20年も自由を奪われていたことと、10数回も相談を重ねて自由を奪って欲しいと訴え続けたにも拘らず自由のままであった解体工の少年、この2つの境界は一体どこにあるのだろうか・・・。
石巻殺傷事件

コメントする

ジャンポール・エヴァン

ジャンポール・エヴァンというチョコレート屋さんが今年のバレンタインデーの仕込みでNo1の注目を浴びている。ジャンポール・エヴァンは世界トップクラスのショコラティエで、国際コンクール優勝を はじめフランス国家最高職人章(MOF)受章のほか、数々の賞を受賞してるそうだ。東京では今年に入って伊勢丹新宿のほか六本木ミッドタウンや表参道ヒルズにも開店したとあってどこもバレンタインに年に一度の告白をするぞとばなかりに長蛇の列・・・。一粒数百円もする超高級チョコレートにも拘らず飛ぶように売れているというが、いつから日本人はバレンタインにこのような高級チョコを恋人にプレゼントするようになってしまったのか・・・。日本人なら日本人らしく「明治の板チョコ」でいいのではないか・・・。そもそもはほかの人とは一味違ったプレゼントを贈ろうということからブルジョア女性たちが考え抜いた末にブランドチョコを見つけたのだと思うが、一億総ブランドチョコになっては元の木阿弥ではないか・・・。一時は手作りチョコとかで、チョコを自宅でぐつぐつ煮てオリジナルの型に入れて作ったりするのも流行したがチョコが好きなのは女性であって男性はそんな微妙な味や形状を評価するのはとても苦手だと思うのである。しかしチョコが男性にお勧めなところもあると言えばある。それはチョコレートに含まれるカフェインは徹夜の眠気を吹っ飛ばせる作用があるのでスパルタサラリーマンにおすすめだし、アルギニンは滋養強壮にも効果があるそうだ。また最近流行のポリフェノールは長寿の効果もあるというし・・・。でもどちらにせよブランドチョコである必要はない。明治の板チョコで十分気持ちも伝わると思うのだが・・・。
ジャンポール・エヴァン

コメントする

Googleバズ

GoogleがWebメールサービス「Gmail」に統合されたソーシャルネットワーク機能「Google Buzz」を発表した。テキストや写真などでBuzz(バズ)”と呼ぶ“つぶやき”を投稿するとGmailでよくメールを送受信する知人などと共有できるというものだ。iPhoneやAndroidなどの携帯端末からは位置情報とともにつぶやくことも可能だそうだ。これは即ちGoogleによるtwitter対抗戦略。サービス開始から2日間で数千万人が利用し投稿数は900万件以上に上るということだが、使い勝手はそれほどみんなが喜んでいるとは思えない作りだ。気をつけないとgmailで仕事で交流している人にまで自分のどうでもよいつぶやきが知らない間に飛んでいってしまうからだ。twitterはあくまでこの人のつぶやきを聞きたいという人にしか飛んでいかないので書く側も安心して勝手につぶやいているがgmailの送受信者はそのような関係とはまったく無関係なのではないだろうか・・・。発想そのものはいいと思うがメールのようなプライベートなものとつぶやきのようなある意味パブリックなものをつなげてしまうというgoogleの大胆な施策はうまくいくのかちょっと心配だ。
googlebuzz

コメントする

オリノコ油田

国際石油開発帝石は11日、世界有数の埋蔵量が見込まれるベネズエラ東部のオリノコ油田について、三菱商事や米シェブロンなどとグループを構成し一部地域の開発に参加すると発表した。国際入札の結果、同国政府から開発業者に指名された。原油輸入の大半を中東に依存する日本にとって調達先の拡大につながる可能性が高い。開発に乗り出すのはオリノコ川流域のカラボボ地区の一部で3つの鉱区を集めた「プロジェクト3」。日量40万バレルの原油の生産が見込まれている。ベネズエラ国営石油会社(PDVSA)が権益の60%を確保したうえで、残り部分について外資や民間からの出資を募っていた。グループは開発に当たって同国政府に5億ドルを支払う。時を同じくしてフジテレビ系で好評放送中のドラマ「不毛地帯」では主人公の壹岐正(いきただし)率いる近畿商事特別チームが本業の繊維業を超えてイランのサルベスタン鉱区を米国のオリオンオイルと組んで落札するために動いている。山﨑豊子凄し!

コメントする

キリンとサントリー

昨年から経営統合を進めてきたキリンホールディングスと同2位のサントリーホールディングスは8日、交渉を進めていた経営統合を断念するとそれぞれ発表した。統合が実現すれば売上高約3兆8千億円(2008年12月期)と、「オレオ」などで知られる米クラフト・フーズなど世界の食品大手と肩を並べる世界的な規模になるはずだったようだ。私はお酒を飲まないのでビールや発泡酒にはあまり興味はないが、お酒好きにとってはこの経営統合の断念はどのように映ったのだろう・・・。キリンの切れ味抜群ののどごし感とサントリーの新鮮なブランド感が一体化された世界一のビールが誕生するのではないか・・・なんて期待に胸躍らせてたのではないだろうか・・・。逆に各社に勤務する社員のみなさんはほっと胸をなでおろしたところもあったかもしれない。だがしかし元はといえば若者のビール離れや経済状態の悪化が原因なのだ。さらには両者とも日本国内での消費量が大半を占めるという島国経済からグローバル化がまだまだ出来ていないことも原因なのかもしれない。世界一の会社を送り出すのも重要だがこじんまりと特徴を生かした製品作りを営む会社が生き残れる日本企業の経営技術も大切だと思う。
キリンとサントリー比較

コメントする

農家の台所

「農家の台所くにたちファーム」恵比寿店にランチしに伺った。最近流行のオーガニックレストランだ。メニューには国立ファームから直送された有機野菜で作られた料理が並んでいる。この国立ファームはあの「マネーの虎」で有名になった元AV監督の高橋がなり氏が運営する有機野菜農園である。がなり氏はAV監督でしてきた様々な悪行に懺悔する意味で農業を始めたと聞く。そんな特別な場所で育んだ野菜をふんだんに使った料理の数々。レストランの中も普通じゃない。注文をしたらまずは今日採れたばかりの有機野菜がいっぱいのサラダバーで気に入ったものとりまくる。このサラダバー、何度でもおかわりができる。サラダバーだけでおなかいっぱいになっちゃうほどだ。たっぷり野菜をとったあとに注文したランチのメインが届く。この日は白身魚のムニエルと五穀米、そして海鮮でダシとった味噌汁。2月にはちょっと寒い献立かもしれないが噂どおりに満足できるオーガニックなランチを堪能した。
農家の台所

コメントする

Chrome OS Tablet

iPadが話題の中、実はiPadが発表される2日前にChrome OSがベースとなるタブレットのコンセプト映像および写真が公開されていたことがわかった。これはGoogleのChromeおよびChrome OSのユーザーインターフェース(UI)設計を手がけるGlen Murphy氏がTwitter上へ投稿して明らかにしたもの。Google携帯がiPhoneへの逆襲を始めている中タブレットは非常に重要なアイテム。そういう状況を事前に知ってジョブスは大急ぎでiPadの発表を早めたためプレス発表が中途半端なものになったのかも知れない。iPadはiPhoneが大きくなったもの位にしか見えなかったのも事実。それでも話題はすべてiPadとなり今回はジョブスの勝利。Chromeタブレットは現在まだモックアップの状態だそうだが何としても対抗馬としてタブレット戦争に戦いを挑んで欲しいものだ。

コメントする

PARLO(パルロ)

富士ソフトの秋葉原オフィス(東京千代田区神田練塀町)は人の顔を覚えて話しかけたりしりとりもできるヒューマノイド型の2足歩行ロボット「PALRO(パルロ)」を開発したと発表した。ユーザーが開発したソフトを取り込みコミュニケーション能力をためることができるのが特徴だそうだ。今回は大学などの教材向けとして29万8000円で3月15日に発売する。来年度中には一般にも販売する予定。
ロボットは高さ39.8センチ重さ1.6キロ。丁度生後間もないトイプードルくらいの重さだ。メールを送ったり写真撮影してくれたりプログラムを更新させることで色々役に立ってくれそうだ。興味本位の大人よりもご老人の相手などに良いのかもしれない。初年度は1000体の出荷を予定。二足歩行ロボットと言えばホンダのASIMO(アシモ)や2006年に開発を止めたSONYのQURIO(キュリオ)が記憶に新しいが特にQURIOは犬型ロボットのAIBOが話題だっただけに頑張って欲しかった。ロボット工学の分野はいま最も学生に人気がある学科だけに何としても海外に先を越されぬよう頑張って欲しいものだ。

コメントする

Older Posts »