Archive for music

ラジペディア

今年の1月から始まったj-wave深夜0時30分〜2時:月〜木生放送番組「RADIPEDIA」正解のない疑問をリスナーと一緒に考えるというコンセプトのジャーナリスティックなプログラムだ。ナビゲーター・パーソナリティは、JUJU(月)KREVA(火)平井堅(水)ROY(木)、彼等と共にポーターと呼ばれる放送作家が日替わりでアシスタントをしている。日替わりで議論するテーマも斬新だ。「学歴って必要か」「生まれ変わるなら男女どっち」「運って本当にあるのか」などなど、思わず考えさせられてしまう。番組名がラジオにみんなで作るオンライン辞書Wikipediaを掛け合わせたものと考えるとラジオリスナーと一緒に答えを探し出して刻んで行こうという趣旨が想像出来る。ぶっ飛んだ意見かもしれないが政治だって同じじゃないのかと…。小沢幹事長の政治資金問題でも国民と意見交換して問題解決して刻んで行けばいいのではないかと…。国民でなくとも政治家の間でも意見交換出来るのだし…。何が彼にその勇気を出させないのか…。これこそ正解のない疑問なのではないか。

広告

コメントする

第60回紅白歌合戦

NHKは大晦日の「第60回NHK紅白歌合戦」で紅白50組の出場者が歌う曲目を発表した。今年は「人と人をつなぐ」をテーマにメドレーのオンパレードだそうだ。デビュー10周年で初出場の「嵐」は「嵐×紅白スペシャルメドレー」、「DREAMS COME TRUE」も「その先へ~紅白スペシャルバージョン~」、倖田來未も「2009紅白KODA SPECIAL」ある意味今年のヒット曲が弱いのだ。なので今年は電車の中吊りまでやってる。NHKの威厳に掛けて視聴率を獲ろうという命令が下っているとしか思えぬ。国営放送が視聴率獲得のために自社メディア以外を使うとは納得がいかない。その広告費は回り回って我々国民の懐から出てるのだから。何度考えても変なことになってきてるのだ。

コメントする

BUTTER FIELD

オヤジバンドの練習で自由ヶ丘までウォーキング。リトルフィートなどのバックを務めた「section」という幻のバンドの「street pizza」という楽曲を演奏。ところがドラム担当が寝坊して来なかったためギターとベースとキーボード(わたし)だけで原曲をiPodで鳴らしながらの演奏。でも自分の下手さ加減が聞こえないので意外にやった感じがする。遊びに来たボーカルとドリカムのLOVELOVELOVEもやっちゃった。これはドラム無しなので間の抜けた仕上がり。でもやっぱ合奏(古いフレーズ)はイイ!練習スタジオのそばに懐かしのコーヒーショップ「BUTTER FIELD」ここのクリームソーダとホットドッグがおいしかったんだっけ…。

コメントする

帰って逝ったヨッパライ

「帰って来たヨッパライ」などのヒット曲で知られる音楽家の加藤和彦さん(62)が17日長野県軽井沢町のホテルで首をつっているのが見つかった。加藤和彦と言えば「ザ・フォーク・クルセダーズ」で1960年代に一斉を風靡した日本を代表する音楽家。最近はうつ病に悩まされていたようだ。Perfumeは地声をボコーダーを通して生の声を使わずヒットを連発させているが、帰って来たヨッパライはその何十年も前にテープの早回しで生声を使わず大ヒットさせた。その他にもあの素晴らしい愛をもう一度など名曲の数々は後世にも歌い継がれてゆくことだろう。そんな彼でも思い悩んでいたというのだからなんて人生とは残酷なものなんだろう。

コメントする

オジサンバンド

オジサンバンド花盛りである。今日は僕が学生時代に一緒にやっていた仲間に誘いを受けて30年ぶりに当時のメンバーで当時のオリジナル楽曲をライブ演奏した。彼等は社会人になっても活動を続けていて今日は活動30周年でもあった。当時の懐かしいメンバーとしてお呼ばれしたのだ。みんなは定期的に音楽活動しているようだが僕は久々の演奏でこりゃ参りました!学生時代には僕が一番上手いと勝手に思ってたが今ではみんなの音楽に対する情熱やや素晴らしさをまざまざと感じさせて頂き涙が零れ出た。音楽って良いもんですね!

コメントする