Posts Tagged ゲーム

モバゲーアプリ

1月27日よりモバゲーでも先行開発会社のゲームアプリサービスがスタートし日本もソーシャルアプリ戦国時代に突入した。開発パートナー40社、合計90作品以上のゲームが公開。2月上旬には200社までに拡大、3月上旬には一般開放するそうだ。ソーシャルアプリサービスは昨年8月にmixiが先行して開始して実績を残している。既にmixiで数百万人の登録者を獲得している「まちつく!」「サンシャイン牧場」「恋する私の王子様」などもモバゲーでリリースされた。こういったオープンソーシャルなアプリサービスはアメリカでは数年前からFACEBOOKやMy Spaceなどで始まり1サービスで2千万人以上も集めて月間数億円もの売上を獲得しているものもあるという。日本でもmixiのアプリでは月間1億円の売上を達成したものまで現れたそうだ。もはや現在の音楽産業の売上をも越す勢いなのだ。CDは様々なメディアを通じてプロモーションされ人から人へ話題が伝わって売れて行く。そのために音楽事業主は多大の広告宣伝費を投入して売り上げてきたのだが、ソーシャルアプリは弱小開発会社で宣伝費なのなくてもアプリさえ面白ければユーザーがそのソーシャルプラットフォームを通じて自主的に広めてくれる。インディーズ会社にとっては夢の玉手箱なのだ。ただ中堅開発会社にとっては自分達の手である程度の売上を取るすべはない。ユーザーに委ねるしかないのが難点だ。ルーキー開発会社は次々排出されると思うが果してアプリ産業そのものの底上げにつながるのか見守りたい。

コメントする

カルタッチョ

カルタッチョなるカードゲームを開発者のしんどうこうすけ氏から頂いた。携帯ゲーム大乱闘のこの時代にカードゲームなのだそうだ。まずは対戦してみましょうというのでやったのが「カルタッチョ・サッカー」、1対1でカードに示されたサッカーコートの4つのエリアを順に手持ちのカードを出しながらボールをつないで行く。うまくつなげるカードを持っていない場合は1枚拾って1枚捨てるだけになる。ゴールエリアで丁度シュートカードを持ってるとシュート出来、その時直前に捨てたカードをめくってゴールできたかどうかを判定する。つまりシュートカードを出す際に直前で捨てた(相手の場合もある)カードがシュート成功のしるしが付いてたかを覚えておいたかが駆け引きになる(相手が見せないで捨てている場合もある)こんな簡単なルールでもかなりドーパミンが体を駆け巡る。10数年前に私がやってたラジオ番組とタイアップして「究極の選択」カードゲームなどを発売してカードゲームブームになったこともあったがその時のルールはページワンの焼き直し。カルタッチョは「UNO」や「オセロ」のように全く新しいルールなのだ。素晴らしい!なんともう発売してから1年くらいたってるらしいがこりゃゲーム業界の久々の発明ですよ!サッカーの他にも野球やゴルフバージョンなんかもあるので日本発のグローバルゲームになる素養が十分あると思う!カードゲーム業界さんは何やってるんだ!カルタッチョファンクラブの第1号会員になりますよ!

コメントする

FF13

FF13:ファイナルファンタジー13が今日から発売開始した。朝のワイドショーでも朝から長蛇の列と、昨日のアバクロ銀座に続いて取り上げた。その直後に新宿に行く用事があったのでたまたま量販店の前を通るともはやそんな状況は見られなかった。しかし駅の構内などでの広告は凄まじい出稿料だ。そこまで盛り上がるのか今回のFF13…。数年前の11の時はインターネット接続でプレイする初めてのものだっただけに意味を感じたが…。CGの凄さなら映画「アバター」に軍配!

コメントする

モバゲーオープンプラットフォーム

ディー・エヌ・エー(DeNA)の南場智子社長は10月5日「本気で世界を狙いたい。やるからにはナンバーワンを目指す」と「モバゲーオープンプラットフォーム Forum2009」のオープニングで語った。オープンプラットフォームはFACEBOOKやGoogleなどが先行して始めたインターネットのいわゆる統一規格の一つ。日本ではこの8月からmixiが先行してサービスを始めている。これまでのYahooなどがやってきた様々なコンテンツをジャンル別に分類して入り口を整備するポータルサービスのある意味発展形。モバゲーは携帯だけで1400万人、その上すでに一部のゲーム制作会社にはモバゲー独自のオープンプラットフォームを提供していたので実績のあるプラットフォームが公開されるとあって期待が高い。FACEBOOKのアクティブユーザーは2億人!世界を狙うからにはそれを超えようということ!頼もしい!

コメントする

東京ゲームショー

24日から始まった東京ゲームショー2009(24〜25:ビジネスデー/26〜27:一般デー)は携帯電話向けゲームが増す一方ドコモ以外は出展がなく、ゲームソフト自体も目立った新作が見当たらなかったなど暗雲立ち込める様相だった。この半年のゲーム市場規模は前年同期比マイナス24%の2189億円ということで市場もシュリンク気味。プレステ3が1万円の値下げなど消費者には嬉しい話だが市場としてどうなのか…。気になったのはDELLコンピュータのエイリアンウエアシリーズ最新モデルパソコン(ゲームプレイに特化されたPC)と戦国武将をテーマとしたもの多し〜ブーム?といったところ。写真はゲームショーのお約束キャンギャル。

コメントする

mixiアプリ

ミクシィは8月24日、4月からβ公開していたPC向け「mixiアプリ」を正式に公開した。mixiのユーザートップページに「アプリ」のアイコンを設置。ユーザーは、ゲームや便利ツールなど好みのアプリを追加して楽しめる。9月下旬にはモバイル版も正式公開する予定。
今回は法人が提供するアプリを中心に130種類以上が公開された。シューティングゲーム「グラディウス」(コナミデジタルエンタテインメント)や、マイミクと点数を競う「マイミク対戦テトリス」(テトリスオンライン・ジャパン)など人気ゲームが目白押しだ。笠原健治社長が「mixi始まって以来の最大の変化」と期待をかけている新事業の一つで現在6300を超える法人・個人が開発者として登録しているそうだ。遂に日本版FACEBOOKビジネスの始まりだ。

コメントする

バンダイナムコゲームス

仕事でバンダイナムコゲームスに行ってきました。臨海線に乗って品川シーサイド駅で下車。久々に行ったので、町の変わり様にビックリ!ここの名物の台形ビルがパナソニックからバンダイナムコにオーナーが変わっていました。

コメントする